Tシャツのサイズ選びでオシャレ度が増す!こなれた着こなしができるサイズ感とは?

こんにちは!Tシャツshop malyのなおこです!

Tシャツを買う時にサイズはジャストサイズにするか、少し大きめにするか迷ってしまいませんか?

この記事では、Tシャツのサイズ選びについて解説します。このTシャツの選び方は実際に多くの人がしている選び方で、Tシャツのサイズ選びに迷った時に活用できます。

失敗しないTシャツのサイズの選び方や、私のおすすめのサイズやコーディネートも一緒に紹介します。

この記事を読み終える頃には、今迷っているTシャツをどのサイズにすればいいのかがわかるので、実際に購入する時に迷うことが少なくなります。

Tシャツのサイズ選びでオシャレ度が増す!こなれた着こなしができるサイズ感とは?

こなれた着こなしができるTシャツのサイズは「大きめ。」

オーバーサイズがおすすめです。

ぴったりサイズのTシャツはきちんとした印象になります。

反対に、オーバーサイズのTシャツはゆるりとしたサイズで抜け感が出るので、こなれた印象になります。

しかし、大きすぎるTシャツは注意が必要です。

野暮ったく見えて、Tシャツに着られている感が出てしまっては元も子もありません。

自分の思っているぴったりサイズの1サイズ上にすると適度なオーバーサイズになる可能性が高いです。

私(160㎝ 50㎏)のぴったりサイズはMサイズなので、オーバーサイズを選ぶ時は1サイズ上のLサイズ、もっとゆるりと着たい時はXLサイズを選んでいます。

Tシャツのサイズの選び方

Tシャツのサイズに困った時に2つの方法のどちらかで、間違いなくTシャツを選ぶことができます。

  1. 自宅にあるお気に入りのTシャツを採寸して、似たようなサイズを選ぶ
  2. UNIQLOのTシャツでサイズを確認する

自宅にあるお気に入りのTシャツを採寸して、似たようなサイズを選ぶ

1番しっくりきている自分が持っているTシャツを採寸して、購入したいTシャツのサイズと照らし合わせる方法です。

採寸の方法

Tシャツを平置きし、メジャーを使いサイズを測ります。

参考資料:Tshirt.st

①身丈(みたけ)を測ります。
首から裾までの寸法です。首元にリブまでを含んだサイズを測ります。

②身幅(みはば)を測ります。
体の胸囲部分の寸法です。袖から1センチ程下を測ります。

③袖丈(そでたけ)を測ります。
肩の付け根から袖のリブ先までの寸法。

お気にりのTシャツの採寸が終わったら、買いたいTシャツのサイズ表と見比べて、近いサイズを選んでください。

UNIQLOのTシャツでサイズを確認する

Tシャツのサイズ表を見ても、実際のサイズ感はイメージしにくいと思います。

そんなときはどこの家庭にも1枚はあるはずのUNIQLOのTシャツを使って、サイズを確かめる方法です。

UNIQLOのTシャツで確認する方法

①UNIQLOのTシャツを出して、商品のタグを確認する。

②UNIQLOのウェブサイトからその商品のサイズを確認します。

③欲しいTシャツのサイズ表と見比べてサイズを決定する。

 

このどちらかの方法でTシャツのサイズを選べば、ほとんど間違いなく思ったサイズの購入ができます。

下の画像は158㎝の女性が、私たちが使用しているTシャツのブランドのXSからXXXLを着用したものです。

こちらもサイズ選びの参考にしてください。

 

参考資料:Tshirt.st

 

オーバーサイズTシャツの着こなし

malyのTシャツを使った着こなしを紹介します。

バックプリントが入ったTシャツでXLサイズを着用しています。

Tシャツ×デニム

Tシャツをデニムにインしています。

ハイウエストのデニムで脚長効果も。

Tシャツ×プリーツスカート

Tシャツにプリーツスカートを合わせて、前だけインしています。

袖をロールアップすれば、よりカジュアルに。

スカートに秋色をチョイスすれば、夏の終わりから秋口まで長く着られます。

 

\着用したTシャツはこちら/

まとめ

Tシャツのサイズで迷った時は、自宅にあるお気に入りのTシャツを採寸するか、家庭に1枚はあるはずのUNIQLOのTシャツの品名を検索して、サイズ表を確認してください。

どちらかの方法で買いたいTシャツのサイズ表と照らし合わせれば、ほぼ確実に欲しいサイズ感のTシャツが選べます。

こなれ感がある着こなしにしたいときは、オーバーサイズがおすすめです。

いつも着ているぴったりサイズよりも1サイズ上を選ぶと良いです!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です